[CentOS7][NetworkManager][自分用メモ] NetworkManager使用時の、resolv.confへのoption句の設定方法。

AIX、UNIX、Linux

CentOS7を使用するようになってから、Network関連はNetworkManagerを使用するようにしたわけですが、DNSやsearchなどは、/etc/sysconfig/network-manager/ifcfg-ethxに書けばよいというのは分かったのですが、option句の書き方がよく分かりませんでした。
調べてみたところどうやら以下のようにするのが良いようです。

/etc/NetworkManager/dispatcher.d/配下に好きなようなシェルスクリプトを配置する。
ここでは99-dns-optionとする。

#!/bin/sh
echo options single-request-reopen >> /etc/resolv.conf
echo options rotate >> /etc/resolv.conf

実行権限を与える。

chmod 755 99-dns-option

NetworkManager.serviceを再起動する。

systemctl restart NetworkManager.service

resolv.confを確認する。

# Generated by NetworkManager
search
nameserver 192.168
nameserver 192.168
nameserver
# 注記: libc リゾルバーは 3つ以上のネームサーバーをサポートできません。
# 以下の一覧にあるネームサーバーは認識されないかも知れません。
nameserver
options single-request-reopen
options rotate

これでNetworkManager配下でも、resolv.confにoption句を設定できるようになりました。

Systemd
Systemd
Eldon A. Mainyu

Aud Publishing

Amazonで詳しく見る by AZlink

Fedora Linux Servers with Systemd
Fedora Linux Servers with Systemd
Richard Leland Petersen

Surfing Turtle Press
売り上げランキング : 2475820

Amazonで詳しく見る by AZlink

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました