[ #Linux ][ #CentOS ][自分用メモ] CentOS 6.5から7へアップグレードしてみた。

2014/07/09 10:34AIX、UNIX、Linux6,CentOS,linux,upgrade,アップグレード

昨日CentOS 7が公開されましたが、CentOS6.5から7へのアップグレードパスは無いか調べてみると、リリースノートのIntroductionの中に気になる一文が。

Manuals/ReleaseNotes/CentOS7 – CentOS Wiki /
http://wiki.centos.org/Manuals/ReleaseNotes/CentOS7#head-fff8f6a835097f88dd3c7b1fea51ac75669c68d3

For the first time, there is a supported upgrade path from CentOS-6 to CentOS-7. This path is only supported from the latest version of CentOS-6 (being 6.5 at the time of writing) to the latest version of CentOS-7. For more information on the upgrade procedure please take a look at this page. The tools needed for this functionality are still being tested and will be released at a later time. If you can help with the testing, please see this CentOS-Devel mailing list thread.

テストリリースというか開発版のような位置づけで、アップグレード用のパッケージが用意されていました。

ということで早速試してみました。

Index of /centos/6/upg/x86_64/Packages /
http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/

検証環境:

  • CentOS 6.5 x64

手順

CAUTION

  • なお、事前にCentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.isoをアップグレードしたいサーバ内に置いておく。
  • 今回の手順が正しいものなのか責任は取れませんので、実施する際は必ずデータのバックアップを取るようにしてください。

1. 関連パッケージを先にインストールする。

yum install libexslt openscap m2crypto python-simplejson libxslt-devel.x86_64

2. 上記Webサイトからパッケージをダウンロードする。

wget http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-1.0.2-33.el6.x86_64.rpm
wget http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-contents-0.5.13-1.el6.noarch.rpm
wget http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/python-rhsm-1.9.7-1.el6.x86_64.rpm
wget http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/redhat-upgrade-tool-0.7.22-1.el6.noarch.rpm

3. ダウンロードしたパッケージをインストールする。

[root@test TMP]# rpm -Uvh ./*
Preparing...                ########################################### [100%]
1:preupgrade-assistant   ########################################### [ 25%]
2:python-rhsm            ########################################### [ 50%]
3:redhat-upgrade-tool    ########################################### [ 75%]
4:preupgrade-assistant-co########################################### [100%]

4. preupgコマンドを実行し、アップグレードに問題がないか確認する。

[root@test TMP]# preupg
Preupg tool doesn't do the actual upgrade.
Please ensure you have backed up your system and/or data in the event of a failed upgrade
that would require a full re-install of the system from installation media.
Do you want to continue? y/n
y
Gathering logs used by preupgrade assistant:
All installed packages : 01/10 ...finished (time 00:00s)
All changed files      : 02/10 ...finished (time 15:04s)
Changed config files   : 03/10 ...finished (time 00:00s)
All users              : 04/10 ...finished (time 00:00s)

|NIS server maps check                                                                                       |notapplicable  |
|NIS server MAXUID and MAXGID limits check                                                                   |notapplicable  |
|NIS server config file back-up                                                                              |notapplicable  |
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Tarball with results is stored here /root/preupgrade-results/preupg_results-140708143957.tar.gz .
The latest assessment is stored in directory /root/preupgrade .
Upload results to UI by command:
e.g. preupg -u http://127.0.0.1:8099/submit/ -r /root/preupgrade-results/preupg_results-*.tar.gz .

5. problemなどが表示されていなければ、redhat-upgrade-toolを実行し、アップグレードを行う。(今回はISOイメージを使用)
--iso でISOイメージを指定できます。他にもネットワークなどでも指定できるようです。

[root@test TMP]# redhat-upgrade-tool-cli --iso ../CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso
setting up repos...
upgradeiso                                                                                                                                                                                                  | 3.6 kB     00:00 ...
upgradeiso/primary_db                                                                                                                                                                                       | 2.7 MB     00:00 ...
preupgrade-assistant has not been run.
To perform this upgrade, either run preupg or run redhat-upgrade-tool --force

preupgrade-assistantは前述のとおり実行しているのですが、何故か実行していないことになっています。が特に問題は出ていなかったので再度実行してみます。

[root@test TMP]# redhat-upgrade-tool --force --iso=/root/CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso
setting up repos...
getting boot images...
vmlinuz-redhat- upgrade-tool                                                                                                                                                                                 | 4.7 MB     00:00 ...
initramfs-redhat-upgrade-tool.img                                                                                                                                                                           |  32 MB     00:00 ...
setting up update...
finding updates 100%  [=======================================================]
redhat_upgrade_tool.yum WARNING: Error loading productid metadata for upgradeiso.
testing upgrade transaction
rpm transaction 100%  [=======================================================]
rpm install 100%  [===========================================================]
setting up system for upgrade
Finished. Reboot to start upgrade.

6. 再起動が促されるので再起動を実施する。

7. 再起動を実施するとOS起動時にOSのアップグレードが始まるので終わるまで待つ。
※VMなどの場合はVirt-Managerでコンソール画面を見ていてもいいと思います。

8. アップグレードが終わると「CentOS Linux 7 (Core)」と表示されていると思います。
これでアップグレードは終了です。
念のため、この後すぐにyum updateを実行したほうが良いと思います。

cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)

またinit周りがsystemdなどになっているので、動作に問題がないかどうかの確認も行ったほうが良いと思います。

参考:

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee

2014/07/09 10:34AIX、UNIX、Linux6,CentOS,linux,upgrade,アップグレード

Posted by kometchtech