[ESXi][Patch] VMware ESXi 5.1, Patch Release 1117900 が公開されてた。

VMware ESXiESXi,VMware,修正プログラム

2013年5月22日付けでVMware ESXi 5.1, Patch Release ESXi510-201305001 が公開されていました。

今回の内容は重要なバグフィックスだそうです。

This patch is intended to provide relief from purple diagnostic screen (PSOD) related to a bad Translation Lookaside Buffer (TLB) mapping while VMware and Intel continue to work to root cause. The default value of the monitor control flag monitor_control.disable_flexpriority has been changed from 0 to 1 so that flexpriority is disabled by default. This change has been shown in several cases to prevent PSOD with error messages similar to the following related to a bad TLB mapping:

#PF Exception 14 in world wwww:WorldName IP 0xnnnnnn addr 0xnnn
SP_TryLockIRQWithRA@vmkernel#nover+0xnn
CpuSchedRebalancePcpuMigrateIdleInt@vmkernel#nover+0xnn
CpuSchedRebalance_PcpuMigrateIdle@vmkernel#nover+0xnn
CpuSchedChooseAndSwitch@vmkernel#nover+0xnn
CpuSchedDispatch@vmkernel#nover+0xnn

Or

#PF Exception 14 in world wwww:WorldName IP 0xnnnnnn addr 0xnnn
TimerAlloc@vmkernel#nover+0xnn stack: 0xnn
Timer_AddTCWithLockDomain@vmkernel#nover+0xnn stack: 0xnn
Timer_AddTC@vmkernel#nover+0xnn stack: 0xnn

The patch also implements fix to the Extended Page Tables (EPT) context logic.

Translation Lookaside Bufferのマッピングに関連してPSODが出力されるのを防ぐために、"monitor_control.disable_flexpriority“フラグを変更するパッチのようです。また、拡張ページテーブルのコンテキストロジックの修正も含まれているようです。

発生条件ならびに重要度をよく理解できていないのですが、PSODが発生する可能性があるということなので、気になる方は十分に注意して適用したほうが良いかもしれません。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中