2011-03-04 00:41:37VMware ESXiESXi, Port binding, VMware

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0910/13/news133_3.html

現在自宅検証環境では、NICのポートが4つあることから、2つをサービス系、2つをiSCSIとの接続のためのストレージ系に分離して使用しています。

しかしながら、2つ以上のNICを指定したとしても、そのままではアクティブ-アクティブまたはアクティブ-スタンバイでしか使えないはずです(IPハッシュと、スイッチ側でリンクアグリゲーションを使用すれば、負荷分散はできます)。

そこでESX4.0以降ではiSCSIソフトウェアイニシエータのPort Binding機能というモノを使用して、マルチパスを構成することが出来ます。

詳細については、上記のURLのままですが作業内容をそのまま書いてみようかと思います。