YAMAHA、「SRT100」にトレンドマイクロと協業によるWebセキュリティ機能を実装。

2010/01/29 01:29NetworkSRT100,YAMAHA,ルーター

トレンドマイクロ協業によりWebセキュリティ機能を実装。ヤマハファイアーウォールルーター『SRT100』用機能拡張ファームウェア /
http://www.yamaha.co.jp/news/2010/10012801.html

ヤマハから中小企業向けに販売されているファイアウォールルータ「SRT100」に、トレンドマイクロとの協業によるWebセキュリティ機能を実装するファームウェアを2月に公開すると発表しました。

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、トレンドマイクロ株式会社との協業により、ヤマハファイアーウォールルーター「SRT100」向けにトレンドマイクロの“URLフィルタリング”(1)、“Webレピュテーション”(2)機能を実装することとしました。

動作連携する「SRT100」用ファームウェアを2月下旬にヤマハホームページ上にて無償で公開、提供開始します。

https://www.yamaha.co.jp/news/2010/10012801.html

2008年12月には「ウイルスバスターコーポレートエディション8.0」「Trend Microビジネスセキュリティ」がすでに実装されていたり、今回は「Webレピュテーション」、「URLフィルタリング」がさらに追加実装されることにより、中小企業向けとしてはハイレベルなセキュリティ機能が盛り込まれたものになるのではないでしょうか? 少なくても中小企業向けとして最初に購入する製品としては十分ではないかと思います。

SRT100を所有している方は、セキュリティ対策を向上させるためにも適用を予定しておいても良いかもしれません。 また、家庭用のルータだと不安だという方も、価格に折り合いがつくならば購入を検討してみてはいかがでしょうか?

追記:

トレンドマイクロのサービスを利用するには、別途契約+料金が発生するようです。

WebレピュテーションとURLフィルタリングを提供する「Trend Micro Standard Web Security for Yamaha」と、Webレピュテーションのみの「Trend Micro Web Security for Yamaha」を用意。1台あたりの価格は、前者が6万円で、後者が3万円。どちらも1年間のスタンダードサポートサービスを含む。

 2年以降もバージョンアップやパターンファイルのアップデートなどのサポートサービスを利用するには、1年ごとの契約が必要となる。この際の料金は、初期費用と同額となる(Trend Micro Standard Web Security for Yamahaであれば、毎年6万円が必要となる)。

https://ascii.jp/elem/000/000/493/493833/

記事中で、まるで無料で利用できるような記述をしてしまい、読者には誤解を与えてしまいかねない表記になったことをお詫びします。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee

2010/01/29 01:29NetworkSRT100,YAMAHA,ルーター

Posted by kometchtech