2008-12-28 02:16:28AIX、UNIX、LinuxDNS, linux, log, unbound

先日導入したUnboundですが、/var/unbound/unbound.confを読んでも、今一ログの出力方法の変更方法が分からなかったが、以下のページに書いてあったので、それを参考に自分のところの設定も変更した。

参考にしたサイトのURLは以下の通り。

https://l-w-i.net/t/unbound/0install_001.txt

AIX、UNIX、Linux

よく忘れてしまうので、備忘録として記述。

ユーザ毎なら「<ホームディレクトリ>/.bashrc」、全体に適用するなら「/etc/bashrc」のいずれかのファイルに、以下の記述を追加する。

PS1=’\h:[`pwd`]# ‘

すぐに適用する場合は、以下のコマンドを入力する。

# source <ホームディレクトリ>/.bashrc
または、
# source /etc/bashrc

すると以下の表記が変更されることを確認する。

[root@centos ~]# source .bashrc
centos:[/root]#

Web_browser

Firefox 2.0.0.20』、対応し損ねていた脆弱性を修正 – japan.internet.com Webテクノロジー /
http://japan.internet.com/webtech/20081220/12.html

『Firefox 2.0.0.19』で脆弱性の対応を取りこぼし、予定外の更新へ – japan.internet.com Webテクノロジー /
http://japan.internet.com/webtech/20081219/12.html

先日お伝えしたFirefoxのバージョンアップですが、2系列の方で修正漏れがあったようで、再度のバージョンアップが行われています。

引用元:Japan.internet.com

前回情報を公開していたセキュリティ勧告 MSFA2008-65 の問題だった。これは、スクリプト リダイレクト エラーメッセージを通じ、ドメインをまたいで情報が漏出しかねない問題だ。

この脆弱性は、重要度が上から2番目の「高」となっており、悪用された場合、悪意のある Web サイトがリダイレクト先のサイトで、認証しているユーザーから、個人情報を盗み出すおそれがあった。ただし攻撃者は、JavaScript として解析できないデータを含む外部ドメインにリダイレクトする上で、同一ドメインの JavaScript URL を用意しなければならない


ということで、まだバージョン2系列をご使用の方は至急バージョンアップをした方が良いかもしれません。

Netbook, Mininote_PC

レノボ、ネットブック「IdeaPad S10e」を49,980円に値下げ /
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1219/lenovo.htm

今月頭に発売されたLenovoのネットブック「IdeaPad S10e」ですが、早くも価格を改定してきたようです。
とりあえず54,800円から49,980円に値下げしたきたようですが、ASUSやAcerの方が圧倒的に価格の面で有利だったわけですが、スペックは良いものだけだっただけに性能だけでは購買層にアピールできなかったということでしょうか。
実際に秋葉原のヨドバシカメラなどに見に行っても、あまりIdeaPadに興味を示す人はいても、購入している人は殆ど見かけませんでした。反対にASUS Eee PCやAcer Aspire Oneはそこそこ売れていたような気がします。

ただ、これで価格の面では同じ土俵にたったことで、Lenovoがどのように巻き返しを図ってくるのか気になるところです。

SSD、HDD、Storage

アキバ総研-1TB 7,770円/1.5TB 11,970円! 各ショップの見解はほとんど「ここが底値」-[秋葉原総合情報サイト] /
http://akiba.kakaku.com/pc/0812/20/210000.php

一体どこまで価格は下がるんでしょうか。

2週間前にWestern Digital WD10EADSを約8,200円で購入しましたが、現在は7,770円だそうで。これも世界的な不況と、劇的な円高のせいなんですかね。
他にもSeagate ST31000333ASも7,770円だったり、1.5TBのSeagate ST31500341ASも11,970円と12,000円を割り込んでいます。
巷では2TBのHDDも発売されるような記事が見受けられますが、大容量化が著しいSSDに対してどこまでアドバンテージを保てるかで、磁気ディスクの運命が決まると思います。

ただ、最近の薄利多売な状況に、PCパーツショップが耐えきれるかが気になるところではあります。

gearbest

2008-12-22 01:56:12SSD、HDD、Storage

ライト160MB/sの高速MLC-SSDが来週入荷、256GBで6万後半 /
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081220/etc_pfast.html

PhotoFast社から、高速で大容量のSSDが発売されるようです。
12月22日週に各PCパーツショップから発売されるようで、読み込み速度は230MB/秒、書き込み速度も160MB/秒と過去最速だったIntelのSLCタイプのSSDよりも高速となっています。
今のところ128GBと256GBの2タイプしかラインナップされていないようですが、64GBなどのサイズでも販売して欲しいところです。
予定されている価格は128GBのもので44,800円、256GBのもので67,800円だそうです。

プチフリとかが無ければ年末年始はバカ売れしそうな気がします。

RAIDを組まずしてもこの速度と大容量が手に入ることになったので、SSDでこのようなスペックを求めていた人は購入してみてはいかがでしょうか?

(追記あり:2008/12/22 02:30)

2008-12-20 20:01:20AIX、UNIX、Linux

日本Unboundユーザ会 /
http://unbound.jp/

最近、DNSキャッシュサーバーという表記に惹かれて、自宅のCentOS 5.2に導入してみた。
一時期DNSキャッシュポイズニングというDNSのキャッシュを悪用したものが流行っていたが、それに対応されたもののようです。内部に置くことで、外部のDNSキャッシュサーバへ名前解決が早くなると言うことで、興味本位で導入してみました。

以下、参考にしたホームページ。

Unbound,知ってる? この先10年を見据えたDNS:第1回 5分でわかるUnbound|gihyo.jp … 技術評論社 /
http://gihyo.jp/admin/feature/01/unbound/0001

@IT:DNSリゾルバのニューフェイス「Unbound」(1/2) /
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/unbound/unbounda.html

Unboundをインストールしてみた – 自宅サーバでやってみる /
http://can.fujitoko.com/unboundinst.html

ちょっと長くなるので、追記の方に導入編を書いておきます。

SSD、HDD、Storage

グリーンハウスからEee PC 900/901-X用SLCタイプSSD、32GB 3万8800円 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/12/16/eee-pc-900-901-x-slc-ssd-32gb-3-8800/

最近バッファローからも発売されたASUS Eee PC 900/901用の交換SSDですが、今度はグリーンハウスからも発売されるようです。
インターフェースは勿論miniPCI-e。採用されているメモリはMLCタイプのようですが、読み込み速度39MB/s、書き込み速度は25MB/sとかなりの高スペックを発揮するようです。

とりあえず16GBと32GBの2タイプが販売されるようで、価格は前者が19,800円、後者が38,800円。2,008年12月下旬に発売予定とのこと。

Eee PC900/901をお持ちの方で容量に悩んでいるけど、まだ交換していないという方は、この機会に購入してみるというのはいかがでしょうか?

雑記

「漏れたら大変!個人情報」–IPA、チェックポイントをまとめたサイトを公開 – セキュリティ – ZDNet Japan /
http://japan.zdnet.com/news/sec/story/0,2000056194,20385450,00.htm

後を絶たない個人情報の漏洩ですが、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が個人情報の漏洩を防ぐためのチェックポイントを公開しているようです。
自分自身も情報処理を生業としているので、再確認の意味でも確認しておこうと思います。

なるべくであれば、自分の会社などでも確認してみるのも良いかもしれません。

PC、Gadget

AKIBA PC Hotline! Junk Blog.: 高速ストレージで1GB/s突破を目指す!ANS-9010×4台のRAID 0動作テスト /
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2008/12/1gbsans90104rai.html

上記のサイトで、DDR2メモリを搭載するRAMディスクユニット「ANS-9010」を更に4台でRAID-0で構成して、読み込み速度1GB/秒を目指すという企画が乗っています。

結果の方は参考URLを参照していただくとして、こういう企画はお金があったら自分でも行ってみたいですね。来年ぐらいにはSSDでRAIDに挑戦っていうのが現実的な企画になるかもしれません。