2020-02-05 11:08:00AIX、UNIX、Linux, Networkconfig, DHCP, HA, isc, Kea, linux, 冗長構成, 設定

High Availability in Kea 1.4.0 - Design
Hot standby
High Availability in Kea 1.4.0 – Design より
https://gitlab.isc.org/isc-projects/kea/-/wikis/designs/High-Availability-Design

過去に以下のような記事を書きましたが、現在はISC Kea DHCP serverを使用しているのでこちらでのHA(Hot Standby)構成の設定方法について記事を書いておくことにしました。

2013-07-22 10:18:16AIX、UNIX、Linuxconfig, DHCP, failover, isc, linux, 冗長構成, 設定

http://unixservermemo.web.fc2.com/sv/dhcp-failover.htm

まぁご家庭レベルだと問題無いと思いますが、例えばLinuxでDHCPサーバを構築していた場合、1台のみだとそのサーバが落ちていた際は勿論IPアドレスが払い出されません。とりあえず2台にして、払い出すIPアドレスレンジを分けて設置するというのが一般的かなぁと思います。

しかしながら、どうやらISC DHCPには冗長化プロトコルが用意されています。

https://tools.ietf.org/html/draft-ietf-dhc-failover-07

ということで、これに従ってDHCPサーバの冗長化設定を行ってみることにしました。