[Java][Security][IPMI] Java 9以降へ更新後、DELL Remote Management ControllerのVirtual KVMの起動に失敗する。

Software
java-logo.png

はじめに

以前にも以下のような記事を書きましたが、Java9からは設定するファイルのパスが変わったようです。

リリースノートには

この変更が書いてあるのは公式のリリースノートになります。

Complete JDK 9 Release Notes

To take advantage of the additional type checking, the list of valid IDL interface class names of IDL stub classes is configured by one of the following:

Specifying the security property com.sun.CORBA.ORBIorTypeCheckRegistryFilter located in the file conf/security/java.security in Java SE 9 or in jre/lib/security/java.security in Java SE 8 and earlier.

設定変更を行うべきパラメータに変更は無いようです。

対応方法

ちなみに私が確認したWindows10 Pro 1709だと以下のパスにありました。

C:\Program Files (x86)\Java\jre-9.0.4\conf\security\java.security

変更前

jdk.jar.disabledAlgorithms=MD2, MD5, RSA keySize < 1024

変更後

jdk.jar.disabledAlgorithms=MD2, RSA keySize < 1024

まぁこの手のようなことをしなくても、マザーボードメーカーからHTML5対応のBIOSが出てくれば問題ないのですが、使用している筐体はあまりにも古いので(2012年製)、このような方法しかありません。

HTML5に対応したような最近の筐体が欲しいよう・・・

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました