Adobe 「Flash Player 10.1 RC1」を公開。

Softwareadobe,Flash

Flashの再生などにグラフィックボードの再生支援機能などを使って、H.264などが再生できるようになると言われているFlash Player 10.1ですが、その候補版として10.1RC1が公開されました。

「Flash Player 10.1」は、H.264のハードウェアデコードや、マルチタッチスクリーンのサポート、コンテンツ保護システムの「Flash Access 2.0」と組み合わせたHTTPストリーミングへの対応など、現行の「Flash Player 10」から多数の機能が追加される予定の、次期プレーヤーソフト。2009年11月にベータ版が公開され、今回正式版を控えたRC版が公開された。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100407_359673.html

すでにインストールしている場合は、一度アンインストールが必要のようなので、旧バージョンを導入済みで試してみたいという方は一度アンインストールするようにしましょう。

私はとりあえず所有するAOD250に導入してみて、変化があるのか確認してみたいと思います。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee

Softwareadobe,Flash